婚約指輪はより良い物を選択しましょう|彼女の姿を想像して選ぶ

指輪

どんなものが人気なのか

冠婚葬祭

キーワードは自分らしさ

婚約指輪と言えば結婚にまつわる幸せの象徴のような存在です。一昔前は一粒ダイヤの立て爪型が定番でしたが、今は様々なデザインが売りだされています。相変わらずダイヤモンドが圧倒的人気ではありますが、最近は誕生石など好みの宝石で婚約指輪をオーダーする人も増えてきました。またダイヤモンドは一粒だけではなく、小さなメレダイヤを添えたり、ぐるりと一周ダイヤで飾るエタニティと呼ばれるデザインも人気です。あえて小粒ダイヤのものを選び、普段使いするという人もいます。プラチナが人気ですが、ゴールドも使われるようになっています。それぞれの好みと生活スタイルに合わせた婚約指輪選びが主流なのです。宝石にしてもデザインにしても、キーワードは「自分らしさ」なのです。

どう使うか

婚約指輪は婚約期間中だけ使い、結婚後は基本的には使わず披露宴など特別なイベントでのみ使用するというのが一般的なスタイルでした。今でも主流はこうした使い方です。しかし安くない金額を払った婚約指輪ですから、たまにしか使わないんじゃもったいないと考える人も増えてきました。そうした人に人気なのはシンプルなタイプや結婚指輪と重ね付けできるタイプです。結婚指輪と重ね付けできるタイプは特に人気で、ちょっとしたお出かけでも使う人が増えています。自分だけの婚約・結婚指輪が欲しいとこだわる人はオーダーメイド依頼をしたり、自分で作ってしまう人までいます。最近はそうした指輪作り教室を開催するアトリエもあるので、オリジナリティにこだわる人は探してみるとよいでしょう。